国語の偏差値がまったくパッとしないときは、どうすればいいの?

ご予約はこちら

ブログ

【中学受験国語】ああ。模試の偏差値が安定しない。特に国語

2019/10/30

模試の偏差値(特に国語)がまったくパッとしないときは、どうすればいいの?

国語ってなかなかつかみどころがないですよね。

いろんな方のブログやらネット上の文章やら見ていると、論理的に解けばいいとか、とっておきの方法とか、いろいろ書いてあります。

どれも正解なんです。どれも間違っていません。

ですので、これって思うのをマネすればいいわけです。

でも、でもなんです。

マネしてもまったくパッとしないときは、どうすればいいの?

でも、それは塾で十分にやっていますって

そもそも、論理的に解くとかは塾の国語の授業でやっているはずです。

だって、客観的に考えてどの人でもきちんと同じ解答ができないようでは、国語の作問としてはアウトだからです。

客観的に解くとはどういうことかというと。。

すなわち、論理的に解くということです。

よく「国語ができない」ので、家で「論理的に解かせる」ということをいろいろ議論なさっているのを見ます。

でも、それは塾で十分にやっていますって。
 

国語もそういうふうに「見える」んですが、実のところは…

もし論理的にやっていないとするならば、その塾、サッサと見切りをつけましょう。

だって、伸びないですから。この先もいっしょ。

算数や理科・社会はわりと指導内容がマニュアル化されています。

国語もそういうふうに「見える」んですが、実のところは…

おっと。営業妨害になってしまってはエラいことですのでこのへんで。

でも、時間がない


話を戻します。

塾で論理的な解き方をしていると仮定して(していなかったら塾を替える!!)。

その場合は物事を知らないので、解けないということになります。

物事を知るには。。

本をたくさん読むことです。

でも、時間がない。

それに、やみくもに読ませても結果が出そうにない。

そうです。何を読ませるかが大変重要です。

作問をするのに適切な文章と、不適切な文章

入試、というよりも国語の作問をするのに適切な文章と、不適切な文章が存在します。

実は、この世の中には不適切な文章しかないといっていいほど、国語の作問に適切な文章が存在しません。

中学校の先生や塾の模試の作問担当者は、それこそ血眼でその「お宝」を探すわけです。

で、やっと「お宝」を見つけて作問して、いざ本番!

結果…

うわ~!他校と本文かぶってるぅ~!!

てなわけです。

何が言いたかったかというと、その「お宝」のような文章が掲載されている本を探しに探して、それを読ませればいいのではないでしょうか。

さらに言えば、それらを片っ端から頭に突っ込んでお子さまのからだの一部にしちゃえばいいんです。

それをうちではやっています。