中学受験国語ー小学校低学年で読解力で大きな差が出る「あること」とは

ご予約はこちら

大阪市淀川区十三東2-9-8十三田中ビル3階・大阪市住吉区長居2-5-21サンセンビル2階

ブログ

中学受験国語ー「小学校低学年のときにしておかないと、国語の読解力で大きな差が出るものとは」

2019/03/03

中学受験国語ー「精読」と「多読」はどちらが大事?

最近、速読を習わせにくる親御さんで、「うちの下の子で、読解力をつけるのにしておくべきことは」という質問をよく受けます。

 

ちょっと話がそれますが、速読を習いに来る小3生以上の子には「多読」と「精読」を同時に指導するのです。

不思議に思われることでしょう。二律背反のことですから。

でも、どちらだけでも不都合です。


「精読」をさせることにこだわる先生がたくさんいます。

まったくもって精読をさせることは重要です。

でも、そういう先生に限って、多読は否定的か、どちらでもない意見を持っている場合がほぼすべて。

わたしは違います。多読も精読も、両方必要だと思います。

そして、どちらも指導します。

なぜ「精読」と「多読」をどちらも同時にやるべきなのか

たくさん読まないと、頭のデータベースがいっぱいになりません。

知らないことだらけで「考えなさい」とか「想像しなさい」というのはあまりに雑すぎます。

指導としては、能があまりになさすぎる。

だからといって、たくさん読ませるだけでは、いわゆる「行間を読む」ことが子供の場合だと往々にしてできていない場合が多い。

だから、両方やらせるのです。


どうやって指導してるのかって?

そんなもん、企業秘密に決まってますやん(笑)

まあ、うちは速読の教室ですので、速読を使って圧倒的な読解スピードで読ませることは容易に想像つけていただけることでしょう(笑)

ただし、低学年は「精読」「多読」のどちらもアウト

さて、話をもとに戻して、相談している「下の子」が「低学年」の場合だと、精読も多読も間違いになります。


低学年の場合、最もきちんとすべきことは、「学校の音読の宿題をきちんと手抜きなくさせること」です。


音読の宿題をでたらめにやったり、やったふりをして実はまったくやってなかったりということを積み重ねると、きちんとやり続けた子に比べて明らかに読解力が劣ります。

きちんとデータを示せばいいのかもしれません。残念ながらそういうデータを持ち合わせておりません。


しかし、小学校の教員をしている友人たちは、口をそろえてはっきり言い切ります。

「音読をきちんとしている子は、強い」と。

信じるも信じないも、親であるあなた次第です。


でも、そもそも、宿題はきちんとさせるべきであり、音読も当然ながら宿題であればきちんとさせるのが常識というものです。

必要だから、教育的効果があるから、宿題になっているわけです。

高学年はもう手遅れ?

はっきり申し上げます。

小学校高学年以降、中学生も、高校生も、学力の低い子は、明らかに読解力もないし、圧倒的に語彙が足りない。

小学校低学年の頃の国語の取り組みが分岐点であると、私は強く思っています。


でも、もしもお子さまが高学年なら?
中学生なら?
高校生ならば?


大丈夫です。ぜひ、わたくしにご相談ください。

どうすれば中学受験の模試の国語で劇的に偏差値がアップできるの?

週に1回、1時間通うだけでOK!
今お通いの塾に在籍しながら、1年間で飛躍的に読解力を上げることができます


【Point1】

『速読スキルがあっという間につきます』

通常、半年~1年かかって習得する速読スキルを、2か月以内で身につけていただきます。


【Point2】

『必要な知識を最短距離で頭にインプット』

速読スキルが身についたら、国語の問題集や中学入試本番で取り上げられやすい文章が掲載されている本を、難易度順に100冊以上読んでいただきます。

 

国語の問題の本文として使用できる文章って、実は世の中にほとんど存在していません。そこらへんの文章をテキトーに使っても、きちんと作問できません。

 

国語のエキスパートである私が研究した結果選んだ本を、速読を通じてあなたのお子さまの頭に強力にインストールしていきます。


【Point3】

『右脳トレーニングをしながらアウトプットで知識定着』


速読スキルで1冊数分で読んでいただいたあとに、本を閉じて、読んだ内容を原稿用紙にアウトプットしていただきます。

 

インプットした内容をアウトプットすることにより、

・知識の定着

・文章表現力の向上

を図ります。

 

速読は右脳を使いますので、いわゆる強力な脳トレを行っております。

 

脳の活性化やレベルアップも十分に期待できます。

誰でもこのような速読ができるようになります。

ちなみに彼らはどこにでもいる、ごく普通の小学生です。


中学受験のための特別な勉強をしたわけでも何でもありません。


ただ速読をしてみたい、とドアをノックした子たちです。


『どうすれば受講できる?』

おためしで1回だけ指導を受けてください。

 

1回、たったの30分で速読スキルがついてしまいますので、有料にしております。

 

親子で受講も可能、というよりかは、親子で1回おためしをお受けになるご家庭のほうが多いです。

 

(そして、お子さまに指導後の結果が惨敗となるお父さんお母さんを今までにたくさん見てきましたww)

 

お受けになったあと、月謝などについてご説明します。

お電話等ではお伝えしておりません。

 

ご家庭でよくお話し合いを持たれてから、またご連絡いただければ続きの指導をいたします。

 

速読イコールうさんくさい、と世間の皆さまから思われているのが嫌ですので、こちらから営業電話等は一切しておりません。

 

お越しになる場合は事前のご予約を必ずお願いいたします。

 

こちらをタップしてください

通えないくらい遠くにお住まいの方、いい方法があります。ぜひお電話でお確かめください。