中学受験模試の国語の偏差値が悪い理由とは?国語の偏差値をドバドバ上げるには?

ご予約はこちら

大阪市淀川区十三東2-9-8十三田中ビル3階・大阪市住吉区長居2-5-21サンセンビル2階

ブログ

中学受験国語ー小さな頃から読みかせをしていたのに、いろんな本を読ませているのに、なんで国語の偏差値がこんなに悪いの?

2019/10/19

【中学受験】いろんな本を読ませているのに、なんで国語の偏差値がこんなに悪いの?

模試の結果を見て、ゲゲッてなった方。特に国語。

 

小さな頃からいろんな本を読み聞かせして、いっしょにお話しをしてきたのに…

 

わたしのあの努力を思いっきり踏みにじるような、この国語の低い偏差値。

 

「なんでこんな国語が低いの?」ってお子さんにキレる気持ちもわかります。
 

でも、でもですよ。

キレたところで、お子さん、困惑するだけじゃないですか?

 


だって、だからといって何をしろっていうの?って思っていますよ。ずぅうぇったいに。

 

お母さんであるあなたの気持ちに寄り添うことで成績がよくなるんでしたら、そらいくらでもしてもらえたらいいんです。

 


そんなこと、意味ないっすよね。

【中学受験】同情するならカネをくれ!

同情するならカネをくれ!

 

そんなセリフがヘーセーのいつか流行りましたっけ?

 

同情するならマルをくれ!

 

お子さんの答案(もしくはどこの問題で正解・間違いをしたかの一覧表)をみて、そう思ってらっしゃいませんか?


 

【中学受験】国語の偏差値を伸ばすには…

2つあります。

知りたいですか?

 

まず1つめ。


国語の問題の解き方をきちんとすることです。


答案もしくは塾のテキストかノートを確認してみてください。


答えの中身がわりと正解していて、ディテール(細かい点)にミスがあって間違っている場合。

例えば、「なぜですか」に対して、「~から」で答えていないとか、


「どういうことか説明しなさい」に対して、「~こと」とか「~名詞」で終わっていないとか。

こういうのはすぐよくなります。


気を付けさせれば次の模試で点があがります。


安い話です。

お母さんがんばって。

あとは塾の授業しっかり聞いて!

 

 

もう一つ。

根本的に×だらけ。ディテール以前の問題。内容がわかっていない。


これは根が深い。

正直な話、今の塾の国語だけじゃあ、おそらく永遠に今のまま。


国語の点数や偏差値が乱高下。よいと思えば次はどん底。


もしくは、いつまでも偏差値が50から動かない。

これについては、お子さんの頭の中に入っているベースとなる知識が足りないのが原因です。


どういうことかというと、いくら読書が好きであっても、いつも読んでいるジャンルと違うものやレベルがそもそもずれていると、きちんと理解できないんです。


こういう子については、よく模試や中学入試で取り上げられやすい本をきちんと、たくさん読ませる必要があります。


 

【中学受験】だって、そうじゃないですか。

次の模試の算数で

 

差集め算・和差算・消去算・過不足算(いわゆる線分図が必要な算数)が出てくると範囲表に書いてあるのに

 

、周期算とか植木算とか方陣算(いわゆる規則性の算数)の勉強を一所懸命させるアホな親はいないでしょう。

 

 

でも、国語の場合、往々にしてそういうことが平気で行われているんです。

 

 

いや、国語もあるんですよ。

 

心情を問う問題、説明文、詩とか。

 

でも、説明文ひとつ取ってみても、ジャンルというか、

 

中学入試で取り上げられやすい本とそうでない本

 

そのジャンルについて知っていればどうということはないのに、

 

知らないのでピンとこない内容なんかがあるんです。
 

【中学受験】餅は餅屋です

お母さん(お父さん)であるあなたは、それをきちんと分析できますか?

 

いや、ひょっとしたら分析できるかもしれません。

 

でも、そんな膨大な量、読み込めます??

 

そんな手間、国語だけのためにかけられますか?

 


餅は餅屋。

 

ここは国語が専門のわたしに任せてください。もちろんちょっと時間とおカネはいただきます。

でもプロとしてきちんと仕事をしてお子さんに結果を出してもらいます(タップしてください)

どうすれば中学受験の模試の国語で劇的に偏差値がアップできるの?

週に1回、1時間通うだけでOK!
今お通いの塾に在籍しながら、1年間で飛躍的に読解力を上げることができます


【Point1】

『速読スキルがあっという間につきます』

通常、半年~1年かかって習得する速読スキルを、2か月以内で身につけていただきます。


【Point2】

『必要な知識を最短距離で頭にインプット』

速読スキルが身についたら、国語の問題集や中学入試本番で取り上げられやすい文章が掲載されている本を、難易度順に100冊以上読んでいただきます。

 

国語の問題の本文として使用できる文章って、実は世の中にほとんど存在していません。そこらへんの文章をテキトーに使っても、きちんと作問できません。

 

国語のエキスパートである私が研究した結果選んだ本を、速読を通じてあなたのお子さまの頭に強力にインストールしていきます。


【Point3】

『右脳トレーニングをしながらアウトプットで知識定着』


速読スキルで1冊数分で読んでいただいたあとに、本を閉じて、読んだ内容を原稿用紙にアウトプットしていただきます。

 

インプットした内容をアウトプットすることにより、

・知識の定着

・文章表現力の向上

を図ります。

 

速読は右脳を使いますので、いわゆる強力な脳トレを行っております。

 

脳の活性化やレベルアップも十分に期待できます。

誰でもこのような速読ができるようになります。

ちなみに彼らはどこにでもいる、ごく普通の小学生です。


中学受験のための特別な勉強をしたわけでも何でもありません。


ただ速読をしてみたい、とドアをノックした子たちです。


『どうすれば受講できる?』

おためしで1回だけ指導を受けてください。

 

1回、たったの30分で速読スキルがついてしまいますので、有料にしております。

 

親子で受講も可能、というよりかは、親子で1回おためしをお受けになるご家庭のほうが多いです。

 

(そして、お子さまに指導後の結果が惨敗となるお父さんお母さんを今までにたくさん見てきましたww)

 

お受けになったあと、月謝などについてご説明します。

お電話等ではお伝えしておりません。

 

ご家庭でよくお話し合いを持たれてから、またご連絡いただければ続きの指導をいたします。

 

速読イコールうさんくさい、と世間の皆さまから思われているのが嫌ですので、こちらから営業電話等は一切しておりません。

 

お越しになる場合は事前のご予約を必ずお願いいたします。

 

こちらをタップしてください

通えないくらい遠くにお住まいの方、いい方法があります。ぜひお電話でお確かめください。