線を引いたら、集中して読めますよね!

ご予約はこちら

ブログ

【中学受験国語】線引きをしながら読解をすることはいいことか否か

2019/03/12

【中学受験国語】線引きをしながら読解をすることはいいことか否か

中学入試の国語の問題を解かせるのに、線を引かせて読ませればよい、という記事をいくつか目にしたことがあります。


私は速読をする前、高校生の頃までは間違いなく線を引かないと読んだ気になりませんでした。


もしくは、声にだしてみないと読んだ気にならなかったり。


どうしてかというと、自分がどこを読んでいるかわからなくなることがよくあったからです。


あ。ひょっとして、お読みのあなたがそうでした?





線を引いたら、集中して読めますよね!


気が合いますねー!





声に出して読めば、記憶に残りますよね!


ほおら!あなたもそうでしょう!





あなたも「声ラー」(声に出して読むことがとっても良いと認識している人)ですね!


気が合いますよね!





だって、線を引くのに考えながら引くじゃないですか。


声を出せば、記憶に残るじゃないですか。


いいに決まってるっしょ。






・・・なんですが、ソレ、大人のアナタがするのなら勝手なんです。別に。


お子さん、できますか。常に。


模試のときに引きまくりますか?線を。






ちなみになんですが、私の生徒でかつていたんです。


線ラーが。


でも、全然読めていませんでした。





声ラーもいました。ブツブツ言いながら読むんです。


教室でやられたら、気持ち悪いのなんのって。





なので、私は線ラーも声ラーも否定派です。


だって、実用的でもなければ、結果もサッパリだからです。





ちなみにかつての私、線ラーでもあり声ラーでもありました。





どうだったかって?


気持ちわっる!って言われたり、散々なテスト結果だったりしました。






もちろん、我流でしたのではなく、何かの本にそう書いてあったのを忠実に再現したんすよ。


もう、ボロボロ。


高校生のときでしたけど。






高校で定期的に全員受けさせられていた旺文社模試(今はすでに存在しません)、脅威の偏差値30台後半でした。国語の。


もうサイアク。本のカネ、返せ~!





さて、線ラーの何がいけなかったのか。






単刀直入に当時の私を今の私が分析すると、


1)集中力がまるで欠けていた


2)文全体の構成をきちんと分析せずに、五月雨式に意味を取ろうとしていて、何を言っているのか理解できていなかった。


3)設問の意図を汲み取り切っていなかった。独りよがりな考えで解答を作成していた。



というところでしょうか。






声ラーで模試を解くわけにはいきませんので、声ラーは論外。





それで結局大学入試は全落ち。


真っ黒な浪人生活スタート。






国語の問題を解くのに、論理的に解くのは必須です。


これは、実を言うと今お通いの塾でしているはずです。





え?していない?


それは塾を替えるか、先生を替えましょうw


話になりません。




高校生の頃の私の話はさておき、中学入試の準備を虎視眈々となさっているあなたのお子さんの場合、決定的に問題なのは「集中力」なのではないでしょうか。






集中力があれば、そもそも塾の授業もしっかり聞けて理解できます。(してないでしょうに。間違いなく。私がそうでしたからw)


要するにこういうことだなって、全体を見通して話を理解できます。


じゃあ、明日から集中力、つけますか!





って、どういうふうに?





塾じゃ教えてくれませんよね。


だって、集中力を上げるノウハウ、まったく持ってませんから。





今お通いの大手塾、すごい量のデータや情報を持っていますし、指導のノウハウ、すごいですから。


先生も比較的ハズレが少ないはずです。





でも、唯一ないノウハウがあるんです。


それは、集中力を上げるノウハウなんです。






これ、大手塾にとって普遍的なテクニック、どこも持ち合わせていないんですよね。





なぜならば、そもそも集中力のあるお子さんがワンサカ来るんですから。






あなたのお子さんのような、集中力のない子なんて、月謝を落としてくれる人ですよ。


え?ショックですか?





ショック。。






さ、立ち直ってください。


うちはそのノウハウ、持ってますよ。





だって、集中力欠けまくっていた私がやってるんですから。


ここだけは、よくできるセンセーには絶対わからないと思います。


だって、集中力欠けまくっている人の気持ち、わかりませんから。


集中力を上げる必要なんて、ないですから。






集中力のまるでなかった私が集中力を手にしたきっかけ。


それが、速読でした。






速読を身につける過程で、ものすごく頭を動かすんです。


もう、それは、ビックリするくらいに。






特にパラパラ読み速読のトレーニングに入ったら、とりわけ。






トレーニングですごい頭を動かしますし!パラパラ読みをしているうちに全体を見る力が芽生えます。


そうなると、文章構成が見えるようになります。






構成が見えると、あとは今お通いの塾の国語屋の出番です。


やっとその段階になって、塾の国語の授業とお子さんの頭が完全にリンクして、大きく動き出します。





今の状態だと、何をどうやっても反応がないはずです。


イライラが募るばかりです。






だって、歯車が噛み合ってませんから。






歯車を噛み合わせてからじゃないんですか。何をするにしても。


塾じゃそのノウハウ、持ってませんから。






私、そういうの、大好物です。得意です。


かつての私がそうでしたからね。